優待株への先回り投資 記録(2021年)

-Sponsered Link-

 2021年1月から株主優待株への先回り投資を始めたので、その結果をこちらに記録していきます。

 ご興味ある方はぜひ参考にしてください。

株主優待への先回り投資とは?

 株主優待のある株に対し、権利確定日に向けて株価が上がるのを狙って投資する手法。
 私は 柳橋義昭『安定的に利益を出せる 先回りイベント株投資』を参考に、(原則)権利確定月の前月一日に株を買い、前月末日に売る方法採っています。

 なお、銘柄は独自に集計したデータに基づき選定し、銘柄によっては権利確定月の前々月に購入しています。

例)東建コーポレーション(1766)
  権利確定月:4月 → 3月月初購入、3月月末売却

利用口座

 メイン証券口座は楽天証券ですが、優待株先回り投資ではSBIネオモバイル証券を利用してます。

 理由としては、
単元未満株(100株未満で購入できる)の取扱いが多いため、少額での(分散)投資が可能。
・月額220円で取引手数料無料(約定代金合計額が50万円まで)。同額のTポイントがつくため、実質的な手数料は無料。
 → 複数銘柄で1カ月内での売買をしても、手数料負けや、手数料のダメージを避けられる

 確認できる各種情報が少ないためメイン口座には向いていないと思いますが、サブ口座には非常に良い証券会社です。
 口座開設の際は(よろしければ)コチラからどうぞ。

2021年1月(利確済)

・購入株(権利確定月:3月)
 :柿安本店(2294)、DDホールディングス(3073)、薬王堂ホールディングス(7679)、パレモ・ホールディングス(2778)、ジェイグループHD(3073)

・購入額:48,563円
・売却額:51,158円
・損益額:+2,595円
・損益率:+5.3%

 試験的に少額且つ「(同月内)最終営業日まで完全放置」で始めてみましたが、単月リターン5.3%利確済なら、まずまずの結果ではないでしょうか。

 ただ、薬王堂などは大きくプラスになっていたタイミングもあったため、今後は「+15%で利確する」などのルールを追加した方がいいかもしれません。

2021年2月(利確済)

・購入株(権利確定月:3月)
 :伊藤園第1種優先(25935)、日本KFCホールディング(9873)、日清食品HD(2897)、大戸屋ホールディングス(2705)

・購入株(権利確定月:4月):東和フードサービス(3329)

・購入額:49,871円
・売却額:51,700円
・損益額:+1,829円
・損益率:+3.7%

 1月に比べるとプラス幅は小さくなったものの、2ヶ月連続でプラス。
 日清食品HD(2897) 1社にのみ資金を入れていたら大きなマイナスになっていたので、月並みですが、やはり分散が肝要ということなのでしょう。

 また、権利確定が“2カ月先”の東和フードサービス(3329)も、無事2.6%のプラスとなりました。
 「権利付き最終日の約3ヶ月前から正の日次超過リターン(AR)の観測頻度が高まった」という研究レポートもあるため、銘柄によっては権利確定月1カ月前にこだらずに、資金を入れてもいいかもしれません。

-Sponsered Link-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です