HP ProBook 4525sのCPUを最上位のものに交換する遊び(AMD V120 → PhenomII P960)

-Sponsered Link-

導入

 先日メルカリにて「ジャンクPCの入門機」として買ったにも関わらず、biosロックもWindowsパスワードもかかって苦戦させられた、HP製ノートPC「ProBook 4525s」。

 こちら、メーカーの最小構成のモデルだったようで、搭載CPUはAMD V120となっており、1コア1スレッド、2.2 GHzという今ではとても使い物にならないCPUが搭載されていました。

 当然、このスペックでは自分で使用することもないため、このまま放置でも、購入時と大体同じくらいの値段で売りに出してもよかったのですが……
 考えてみればこれまでAMDのCPUに触れたことがなかったため、いい機会だと思い、このPCに搭載可能な上位CPUに載せ替えてみることにしました。

搭載可能なCPUの確認

 以前、別のノートPCのCPUを i5 から i7 へと変えた際と同じように、

cpu.pc-usersにて、まずは今搭載されているCPUのソケットを確認し、その後、同じソケットの上位CPUを確認します。

 …と思ったのですが、V120が古すぎるのか、一覧に載っていなかったため、「AMD V120」で検索をかけてみると、対応ソケットは「S1」と分かりました。

 また、以前の記事では書きませんでしたが、ソケットの種類と合わせてTDP(熱設計電力)というものも確認し、それに一致するCPUを探した方が安全です。(TDPが一致していない場合、ソケット自体は対応していても、マザーボードが対応していない可能性があります)
 今回のV120のTDPは「25W」でした。

 あとは、以前と同じようにcpu.pc-usersで最上位のものを探せばOKです。

  上から順に新しいシリーズが並んでおり、一番上のRyzenはその性能の高さから、かなり人気の高いシリーズになっています。

 さて、当然今回のPCは古い機種なのでソケットも古く、Ryzenに対応しているはずもなく、ソケット「S1」に対応しているのは、Phenom Ⅱというシリーズまでのようです。

 そして、TDPが「25W」のもので最上位のCPUは、「Phenom II P960」

 なんと4コア4スレッドのCPUが搭載可能ということが分かりました。

 IntelのCPUで4コアのものが出てきたのは、Core i3だと2020年、i5で2017年、i7でも2009年。安いノートPCによく積まれているPentiumに至っては未だに2コアが最大なので、なかなか性能には期待できるかもしれません。

購入

 ということで、メルカリにて、「Phenom II P960」を2,470円(送料込)で購入。

 …まぁまぁな値段がしましたね。
 出品者も1人しかおらず、ヤフオクで見ても「海外から発送」のパターンの出品者しかほぼいないようでしたので、需要も流通在庫も少ないCPUなのだと思われます。

CPU交換

 数日後、無事に到着。

 さっそく交換していきますが、このPCはCPUなどへのアクセスの際に、キーボードやタッチパッドを外す必要があるタイプなので、少し面倒です。
(詳しい手順はコチラのサイトなどでご確認ください。)
 
まずはひたすらネジなど諸々を外していき、CPUが載っている箇所へアクセスします。
 
 今回のPCでは、右下に写っている4つのネジを外せばCPUが出てくるので、


これを交換すれば完了です。

ベンチマーク

 biosでの認識も問題なく、Windowsでの認識もOK。

 タスクマネージャーでも、4コアをちゃんと確認できました。

 「まともな」PCでは今や4コアなんて珍しくも何ともないのでしょうが、つい最近まで2コア(4スレッド)のPCを使っていたので、4コアの画面を見るとそれだけで嬉しいんですよねぇ…。

 Windows10 64bit 、特に何もソフトなどを走らせていない状態のCPU稼働率が2%なら、なかなかの性能ではないでしょうか。

 続いてCINEBENCH

 V120は1コアだったので、Multi Coreの数値=Single Core。

 コア数が4倍になり、ほぼそのままMulti Coreの数値も約4倍になったような感じですね。
 1,000ptには届きませんでしたが、動画視聴やネット検索、office系ソフトの使用には問題ない性能と言っていいのではないでしょうか。

 続いて、今や懐かしい感もある、Windowsエクスペリエンスインデックスの値を確認。

 最大値9.9に対して、「プロセッサ」は7.9。思ったよりもだいぶ良い数値です。
(メモリも2GB×2の4G、ハードディスクもHDDであることを考えれば、そこまで悪くない数値ですね)

最後に

 ということで、ジャンクで買ったPC、しかもAMD搭載機に、最上位のCPUを載せてみる遊びでした。

 古いAMD搭載機でも最上位のCPUに載せ替えれば、意外にまだ使えるレベルということが分かり、なかなかに興味深い結果となりましたね。

 ただ、このPCを実際に普段使いするかと言えば……手持ちのIntelのCore i7搭載のPCには劣るので、まぁ、使わないですよね。

 とういうことで、こちらの搭載可能な最上位CPUに載せ替えたPCは、メルカリなどにて販売に相成りました。
 PCの型番などで調べれば出てくるかと思いますので、興味のある方はぜひ覗いてみてください。

 なお、メルカリの新規登録の際に「紹介コード」というものを入力すると、登録された貴方(と私)に500円分のポイント(※9/30までは+500円OFFクーポン)が付くようなので、よろしければご利用ください
 コードは、XFCJGU です。気が向いたらお願いします。

-Sponsered Link-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です